【備忘録】Are You GrowthHacker?

Pocket

Cowabunga!
ジャングルオーシャンのレオナルドです。。
WEBに属するグロースハッカーを目指す内気なゴリラーデス。

サービスのアイデアを突き詰めると、

「誰の・どんな課題を・どうやって解決するか」
“Message”

この項目がすごーく大事になるよね

【検証、実験、計測、反復】

そのサイクルが俗に言う

PDCAサイクル!

“PDCA”
 

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、

プロダクトの解決から最も効果的な可能性を見出す♪

要は、、ピボット(修正)して検証をひたすら繰り返して、

”仮説の確証を獲得”することだね

これを検証して迅速に実行する部隊が……

 
“Army”

Growth Hacker??

 

グロースハッカー

 
“GrowthHacker”

 

このグロースチームが求める指標は、、

会社によって全然違う。

そこで今回は!

月間20億PVを達成させた

FaceBook社のグロースについて、紐解いてくよ
 
“FaceBook”
 

この記事を読む人の中には、

まさにグロースを任されている人もいるかもしれないけど、

見て損はしないと思うのですこーしお付き合いを!

 
“happiness”
 

まず、プロダクトの解決からピボットさせるサイクルは、

下の数式で表すことができる

“code”

ある特定の期間(例:1ヶ月)におけるアクティブユーザー数をtとした場合

Active(t)=New(t)+Retained(t-1)+Resurrected(t)-[n]-Churned(t-1)

アクティブ(t)=新規ユーザー(t)+保持(t)+復活(t-[n])-チャーン(t-1)

上記の4つの属性に分けられる!

 
 

▶新規ユーザー

“children”

ユーザー獲得や地用開始の促進施策によって、

特定の期間内に初めてサービスを利用したユーザーのこと。

彼らはプロダクトを利用した経験が少ないため、

サービスに定着するまで丁寧に育てる必要がある。

 
 

▶保持ユーザー

“land”

グロース施策中にプロダクトを利用し、過去も利用しているユーザー。

高いエンゲージメントがあり、プロダクトバリューが伝わっている状態。

最も重要な属性で、ユーザーの中でもこれを最大グループにすることが目標。

 
 

▶復活ユーザー

“friend”

以前にプロダクトを利用したことがあり、

ユーザーを復活させるマーケティング施策で、

今期再びプロダクトを訪れたユーザーのこと。

サービスから離脱するか、頻繁に利用するようになるかの瀬戸際にいる。

どうしたら彼らをプロダクトに惹きつけておけるかが課題。

 
 

▶チャーン

“friend01”

過去にプロダクトを利用していたが、現在は利用していないユーザー。

ユーザーからのアクセスを失った状態で、

ユーザーがプロダクトを使う価値を感じていないことを示す。

上記の方程式、4つの項目から、

マイナスファクターが理解できていないなら、

実質的に成功はない!ってことだね。
“TheThinker”

そこで!

Facebook社の有名なグロース事例を紹介

指標は3つのシンプルなものにわけてます。

▶プロダクトの北極星

“star”

ユーザーのエンゲージメント=フェイスブックにとって最も大事な指標。

定期的に利用することに価値を見出している人数のこと。

細かく分析すると、、

“leo”

月間アクティブ(MAU)→デイリー・アクティブユーザー(DAU)→MAU+DAUの割合を確認!

また、過去の利用頻度8日〜7日前のユーザーの把握。

ユーザーの利用期間+エンゲージメント+デモグラフィック+アクセス速度&デバイス+趣味嗜好

上記の項目をグループ化して細分化してるんだね

この細分化したグループ間内で、類似点や相違点を検証して、

フェイスブックを利用してない境界線上にいるユーザーを理解するために活用するそう

 
 

▶マジックモーメント

“MAGIC”

ユーザーに再びプロダクトを使いたい!って思ってくれる体験はどこにあるのか?

ユーザーが定着し、そうでなければ離れる体験がある。。

ユーザーが初めて、プロダクトを使う時に最も重要になる瞬間がどこにあるのか!?

それは、、

フェイスブックにとって、ユーザーが初めてニュースフィードで友人の記事を見る瞬間、

この瞬間を少しでも早く、到達できるように注力している。

これを細かくグロースすると、

ユーザーが登録してから、10日以内に7人、2週間内に10人、

その後は出来る限り早く!

“Hurry”
 

50人の友人と繋がることを目標にしている

先程、説明した指標の一つ!デモグラフィックも大きくこれに繋がる接点はあるけど、

ユーザーの長期的なエンゲージメントを示す指標は、

ユーザーが登録してから友人と繋がるまでの速さ以上のものはない。

 
 

▶コア・プロダクト・バリュー

“friend02”

ロイヤリティを得るために、プロダクトの利用価値を提供するために、

フェイスブックでは、常に友人と繋がっている感覚が最大の価値!

このプロダクトはなにか!?

それは、フェイスブックにログインするとすぐに情報が見れるニュースフィードのことなんだね♪

この3つの要素を明確にすることで!

フェイスブック社が行った施策は、

“FaceBook”

最先端の検索エンジン最適化、

ユーザビリティの向上、フェイスブックに招待できる友人の数の最大化、

ページを閲覧できる多言語化、モバイルファースト、

インフラがまだ整っていない国に対して、

アプリと同じ体験を可能にするフェイスブック・ライトが完成し、

グロースの施策から8年が経った2016年には、129ヵ国で最も利用されているSNSの地位を確立!
“KING”

フェイスブックの利用者から得られる、、

この凄まじい数値から、、

ここまでのグロースを確率するなんで率直に凄い。

しかも、まだまだこのグロースはいまも尚終わることなく進行中。

これからどう変わっていくのか気になるトコロ、、
 

ちなみに、グロースを回すには、

“Growth”

①Product-market-fit

②マインドセット

③フレームワーク

④チーム

⑤ツール

この5つの項目がしっかりしていない状態では、

100%失敗します。。。
“cat”

グロースチームを確立したいのであれば、

上記の5つの武器を手に入れて戦いましょうー

この記事読んでスコーシだけでも役に立てたかしら?

leo

水曜どうでしょうー

ではまた!

Cowabunga!

Related Post

Pocket

About Mr. Leonardo 15 Articles
Hey Im Leonardo from the earth... I like pizza、banana、Punk Rock、and sleeping.