【Pythonメモ #00】退屈なことはPythonにやらせようを実現しませんか?

Pocket

Cowabunga!

ジャングルオーシャンのレオナルドです。。
WEBに属するグロースハッカーを目指す内気なゴリラーデス。

最近、なにかと注目されているプログラミング言語

「Python(パイソン)」

“Python”

その使用範囲はひろく、例えば!

人工知能(AI)

“AI”

データ解析

“data”

Webシステム開発などで利用されているんだ。

Pythonの特徴としてあげられるのが、

「インデントによる読みやすさ&書きやすさ」

軽量プログラミング言語 = LL

“weight”

一般的に、気軽に使えると思われているプログラミング言語デス。

そのなかで、今回は、、

Pythonをこれから使用してみようとしてる人に向けて、、

ではなく、、Pythonを動かせる実行環境までクリアした人に向けて、、

基本構文をメモしたよ

でも、、環境なくてもやってみたい人は、、

このサイトのエディターで使ってみて!

CHECK⇒”paiza.IO”

さてさて、、今回のパイソンメニューはこちら

“Python”

コメントアウト

変数

データ型

リスト

スライス

まだまだあるけど、Pythonの基本的な構文だからしっかり覚えよう。

これわからずして、Python扱えず!

猿でもわかるPython!

“Monkey”

コメントアウト

“commentout”

文のはじめに#を記入

#パイソンです

複数行のコメントを残すときには、文の初めと終わりに、、

セミコロンを3つ

’’’gorilla
gorilla
gorilla‘’’

または、、

ダブルコロンを3つ!!

“””gorilla
gorilla
gorilla”””

 

変数

“data”

x = 10 #変数Xに10を代入

print(x) #xを出力

x = 100 #変数Xに100を代入

print(x) #xを出力
 

データ型

“data”
関数で入った値の型を調べる!

x = 10

print(type(x))

#整数型

#実行結果=[class ‘int’]

x = ‘Gorilla’

print(type(x))

#文字型

#実行結果=[class ‘str’]

x = 3.14

print(type(x))

#浮動小数点

#実行結果=[class ‘float’]

 

リスト(配列)

“PC”

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #配列

print(gorilla) #出力

#実行結果 = [1, 5, 10, 15, 20]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #配列の個数を取得>>その1

print(gorilla[0])

#実行結果 = 1
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #配列の個数を取得>>その2

print(gorilla[1])

#実行結果 = 5
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #配列に値を追加

print(gorilla[1])

#実行結果 = 5
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #配列に値に代入

gorilla[4] = 99 #値99を20に代入

print(gorilla)

#実行結果 = [1, 5, 10, 15, 99]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #リスト最後に値を追加

gorilla.append(99) #.appendを使用して追加

print(gorilla)

#実行結果 = [1, 5, 10, 15, 20, 99]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] #配列の長さを取得

print(len(gorilla)) #lenを使用する

#実行結果 = 5
 

スライス

“banana”

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20] # 配列

# リスト内、0〜3番まで取得

print(gorilla[0:])

#実行結果 = [1, 10]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20]

# リスト内、 1から最後まで取得

print(gorilla[1:])

#実行結果 = [5, 10, 15, 20]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20]

# リスト内、 最初から1まで取得

print(gorilla[:1])

#実行結果 = [1, 5]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20]

# 0から最後の2個前まで取得

print(gorilla[ :-2])

#実行結果 = [1, 5, 10]
 

gorilla = [1, 5, 10, 15, 20]

# 0から最後の1個前まで取得

print(gorilla[ :-1])

#実行結果 = [1, 5, 10, 15]

本日はここまで!!

次回も続篇書きますので..よろしければまたお越しください

この記事読んでスコーシだけでも役に立てたかしら?

leo

退屈なことは”Python”にやらせる大切な一歩!

ではまた!

Cowabunga!

Related Post

Pocket

About Mr. Leonardo 17 Articles
Hey Im Leonardo from the earth... I like pizza、banana、Punk Rock、and sleeping.