機械学習とディープラーニングの違いと技術とのふれあい

機械学習とディープラーニング
Pocket

どうもジャングルオーシャンのミケです。

いやー来てるよね

え?何がって?

そりゃもちろん 第3次人工知能ブームしかないよね

software

様々な企業でも活用されてコスト削減に貢献している人工知能(AI)

今日はそんな今話題の人工知能 について

人工知能のニュースや本を読んでいるとよく出てくるワードトップ2といっても過言じゃないのが

機械学習とディープラーニング

ディープラーニングは日本語では深層学習と訳されるけど

機械学習と深層学習

同じ学習だけど違いはなんなんだ!っていうのがわかってないとニュースとか見ても理解しづらいよね

そこでまずは

機械学習とディープラーニングって何が違うの?

人工知能に関する本や記事を読んでいるとそれぞれの違いを長々と書いてあって

全部読んでたら眠くなって寝ちゃって結局わかんないよ!

っていう人間のためにそれぞれ一言で表してしまおう!

機械学習は

「問題とその答えを大量に教えて学習させるもの」

コンピューターとかのプログラムは人間が記述した内容に沿って動いていくけど

機械学習は「Aという情報が入って来たら(入力)それはBだよ(出力)」と教えてあげるんだ

この入力と出力を大量に教えてあげることで機械が入力と出力の間の処理を自動で学習し自分でモデルを作っていくんだ

すごいよね!

ディープラーニングは

「複雑な判断ができる機械学習の一種」

入力と出力の間の処理を複数作ることで多くの情報を処理できるという機械学習の一種なんだ

つまり、ディープラーニングは数ある機械学習の手法の一つということ。

短くまとめるとこんな感じかな

このディープラーニングが今の人工知能ブームの火付け役になったといわれていて昔も同じ概念はあったんだ

でもなんで今ディープラーニングが注目されているのかというと

昔に比べてコンピューターやインターネットが発達したことで

複雑な処理が可能になりビッグデータが収集しやすくなったことが背景にあるんだ

こういう事実を目の当たりにすると時代は進んでるんだって実感するよね

2045年に訪れるといわれているシンギュラリティも早まるかもしれないね

ロボット

それじゃ実際に人工知能とふれあっていこう!

・音声認識

今みんなが持っているスマートフォンにも人工知能は搭載されていて

iOSならSiri

AndroidならGoogle Assistant

が人工知能を使った音声アシスタントなんだ

え!自分のスマホに入ってないよっていう人は今すぐ最新機種に変更だ!!

・画像認識

Quick, Draw!

お絵かきを人工知能に判断してもらえるアプリ


Webで見る

・機械翻訳

Google翻訳

言わずと知れた自動翻訳ツール


Webで見る

・お掃除ロボット

ルンバ

・家庭用AI機器

Amazon Echo

発売未定

Google Home

2017年夏日本版発売

家庭用のAIコンシェルジュ。家庭内の事を音声認識で色々やってくれるらしいよ!日本ではまだ発売されてないけど

ギア

人工知能が活用されているほんの一部を紹介したけどどうだったかな

個人が身近で使えるものばかりだけど

企業の活用事例とかも調べてみると人工知能の妄想が膨らんで楽しいよ!

色々あるから探してみてね!

それじゃ今日はこの辺で!

また今度ね!ミケ

また今度ね!

【関連リンク】

人工知能に関するメモ

Pocket